Mabuhay!

日々の日記:研究とか留学とかおいしいご飯とか

いい研究とは何か Sins of Omission and the Practice of Economics (Journal of Economic Literature) by Geroge Akerlof

いい研究をしたい。

いい研究とは何か。そもそも学術研究とは何か。
今般の経済学の研究は識別戦略・因果関係を求めることに偏重しており、何が現実世界に大事なのかというメッセージに欠けている研究が大きいと思う。

ジョージ・A・アカロフの論文Sins of Omission and the Practice of Economics (Journal of Economic Literature) の主要なポイントをClaude aiに解説してもらった。

  1. 経済学は「ハード」な研究(精密で数学的、統計的に厳密)を重視し、「ソフト」な研究(より定性的、事例研究ベース)を軽視する傾向がある。これが研究テーマの偏りを生んでいる。

  2. 研究者が「ハードさ」と研究テーマの重要性をトレードオフする単純モデルを提示し、重要だが「ソフト」な分野が無視される傾向を説明している。

  3. この偏りの理由には、経済学が「ハードサイエンス」として認識されたい欲求、精密さを重視する評価プロセス、特定タイプの人材が経済学分野に集まることなどがある。

  4. 結果として、新しいアイデアへの偏見、過度の専門化、キャリア向上のためのトップジャーナル掲載への過度の依存が生じている。

  5. この偏りによって無視された重要な経済問題の例として、2008年の金融危機の予測失敗、経済行動におけるナラティブ/物語の役割、ソビエト経済システムの包括的分析、喫煙率に対する社会的態度変化の影響、気候変動政策に影響を与える公衆の認識などを挙げている。

  6. 経済学の博士課程が経済の理解よりも研究手法の教育に狭く焦点を当てすぎていると指摘している。

  7. アカロフは、より多様な方法論を許容し、重要だが「ソフト」なトピックの研究を可能にするため、経済学の出版と昇進の慣行を再検討するよう呼びかけている。

全体として、経済学が価値ある但し定量化が難しい研究アプローチを犠牲にして、ハードで精密な方法論を過度に重視する規範と制度を発展させてきたことが、重要な経済現象の理解に大きな盲点をもたらしているという主張である。

ボストンでCharlie Card(チャーリーカード)を取得・チャージする方法

ボストンの主要交通機関バスとT(地下鉄)を利用する上で欠かせないのがチャーリーカード(SUICAのようなもの)です。
初めての旅行者にとってはカード取得とチャージ方法が難しいと思うので、私の経験を共有します。

  1. 取得方法 チャーリーカードはバスで取得する場合はバスの乗り口付近に山積みされており、それを下からとる感じです。
    地下鉄の駅では券売機から発行できますが、Fenwayなどの一部の駅では発行できない場合があります。また、St. Mary Street駅などではそもそも券売機が存在しません。 注意が必要です。

  2. チャージ方法 地下鉄駅でチャージする方法はいたって簡単で券売機の指示に従って現金またはクレジットカード・デビットカードで入金するだけです。
    入金額は1回乗車分(1-way)から自分が指定する額 (Other amount)まで自由に選べます。
    バスは恐らく現金のみの受付で、入金したい額を乗車口のカードリーダーに投入して指示に従います。

チャーリーカードの利用は慣れれば簡単ですが、最初は難しいので参考になれば幸いです。

研究のアウトプットについて

私はどのように研究成果を出していけばよいのだろうか。
個人的には、一人でも多くのオーディエンスを増やし、認知されるという観点から英文で国際学術誌から論文を出すべきである考えている。
日本語論文も出せるなら出したいが1人に与えられている時間は限られているので、国際学術誌から論文を出せるように時間を配分したい。
また、第3者から頼まれた研究を行う中でいまいちしっくりこないことが多い。リサーチクエスチョンの問題か、分野の問題か、他にやりたい研究があるのに頼まれた研究を行わなければならない心理的問題か。
確定的な理由はわからないが、自分の時間は限られていると強く意識して研究生活を送らなければならないなと思う、

初めてのコロナ

連休前にコロナに罹患した。
せっかくのゴールデンウイークを寝て過ごすことになったのは残念である。
39.5度というコロナワクチン以外で出したことなかったような体温をたたき出し、夜中に嘔吐を繰り返すなどかなりきつかった。
これからも油断せずにマスクを付けるなど相応の対応をしようと思う。

論文アクセプト

phjpuplbku.hatenablog.com

以前のポストで再投稿をしていた論文が2週間前に無事に採択された。
採択されたジャーナルはReview of Development Economicsで、世銀ブログが公開している開発経済学のジャーナルランキングにもリストアップされているジャーナルである。
途上国農村におけるICT技術の重要性を主張した論文なのでこれから多くの人に読まれることを願う。